7月の美容矯正メッセージ

2019美容矯正の解釈学

TOMOKO-Nさん、静岡県浜松市(美容矯正セラピスト)

勝山先生に質問です。

芸能人が通っているサロンで、骨と筋肉をはがして、すごく痛い施術ですが、速効で、美脚になるというTV番組がありましたが、痛みを伴うのは、実際に美容においては悪影響だと思いますが、先生のご意見をお伺いしたいです。よろしくお願いいたします。

質問の回答です。

この件に関しましては

放映された、番組を見ていないため、どのような内容なのか具体的なことが分かりませんので、コメント出来ません。

但し、その様な情報テレビ番組の場合、民放のテレビ局が制作会社に依頼して作成していることがほとんどです。

テレビ番組の場合、わたし自身も過去にNHK以外の全てのテレビ局に数多く出演させていただいた経験者ですが、その経験者の立場から言わせていただくと、

番組の特徴や性質、つまり、どのような人たちにターゲットを絞って価値のある情報を提供し、他局の類似の番組よりも視聴率を上げるかが最大の目的になっています。

また、一つの番組の中で、様々なコーナーがある場合にはそのコーナー別に制作会社が違うことが多いようです。

通常、番組の制作にあたっては、限られた時間内で如何に視聴者に注目される内容で編集できるかがポイントになります。

また、生番組での放映以外では、番組の中で放映している内容はあらかじめ収録された全体の中の一部の部分に過ぎません。

ここで知っておく必要があることは、番組の中で登場してくるサロンさんやセラピストさんは番組の取材協力者という立ち位置です。

つまりテレビ局やその下請けの制作会社が作成した番組の描いているストーリーに出来るだけ許容範囲の中で協力していることになります。

その点でサロンやセラピストが自分で費用を出して宣伝広告を出すのとは大きく違います。

 

施術についての具体的な話になりますが

あくまでも一般論になりますが、どのような内容のものであっても施術による刺激はその強い弱いにかかわらずそれなりに体に変化をもたらします。

それは身体が全て神経・血管・最近注目されている筋膜や皮膚で繋がっているため、一ヶ所で起こった刺激は遠く離れたところまで伝達されるからです。

しかしながら、ほとんどの場合、手技によるその効果は一時的な効果に過ぎず、その施術を中止して時間が経過すると必ずといっていいほど元の状態に戻ります。

外科医学的に行われている基質的な変化に対する施術は別として

特に美容においては特殊なケアー以外では殆ど一時的なものです。

このことをセラピストは深く認識し重く受け止めなければなりません。

また、身体の見た目の構造の変化は多岐にわたり、人それぞれ原因が違います。

特に、比較的若い年代の人達の皮膚やボデイーに現れる美容障害は老化とは違うため、根本的な問題点が別にありその問題が解決されておらず、そのために外見に変化が現れてきます。

つまり、体の外見に現れている変化は元々の原因からのサインやお知らせでありその結果であることが多いようです。

その視点から言うと

セラピストの限られた価値観による限られた技術力で全てのクライアントに対応するのは殆ど不可能であるといえます。

 

質問の強い力による体の美容への影響はどのような効果があるかは別の問題として

 

それを受けられるクライアントさんに有効であるのでしたら、そのアプローチの過程で痛みが生じていたとしても結果としてその方の利益になります。

 

大切なことは、当事者本人が自分にとってそれが有効であると認識しているかどうかであり、本人が認識できているのであればその方にとって素晴らしいケアーになります。

 

以上のことをふまえて

 

ここで勝山美容矯正の基本的な立場についてお話しします。

 

美容・健康どちらにしても弱い力での施術を推奨・提案している立場です。

はっきりといえることは

美容・健康のどちらにおいても

人が弱い力で優しく擦られたり撫でられたりすると心身がリラックスして身体の回復が早まるということです。

少し難しい言い方になりますが

その理由の一つに、すでに多くの専門的な研究者や機関により証明されていますが、やさしく撫でられたり擦られた時に生じる知覚信号というものがあります。

この優しく擦られた時に生じる知覚信号は免疫関連化学物質の受容器としても作動すると発表又は報告されています。

私たちの日常生活の中で身体の代謝の結果、誰でも生じる代謝産物の毒素や抗体・抗原などは神経の感覚神経軸索を経由してその処理のために中枢神経へと運ばれます。

その結果、そこでの神経伝達物質又は神経ペプチド等の放出に変化が起こり

その影響を受けることにより身体の回復が早まるとされています。

そのことは健康面だけではなく身体美容面にも変化を生じさせます。

美容の概念は時代の変化や流行と共に変化するため美容の哲学的概念や定義を確定するのは難しいのですが、

少なくとも寿命のある肉体そのものだけに限られた身体美容についていえば

身体の構造や機能の調和やバランスが大切なことになります。

また、その人の精神の持ち方や考え方、住んでいる国の慣習や教育

家族との共同生活などで培われ習慣化した目に見えないエネルギーの放出パターンもその構造や機能に直接影響を与えます。

以上のように様々な要因が人の身体そのものの美容に影響しています。

身体そのもの以外の美容(服装・化粧メイク等)も含めていえることは

簡単にいうと、美容とは、その人の人生の中で自分の存在を社会の中で主張する自己表現の一部です。

自分らしさと活力やエネルギーの感じさせる容貌であるか、心身に抱えた自他に対する否定的な負のエネルギーによる病や暗さを感じさせる容貌であるか

どちらも体から生じている社会に対する自己表現です。

 

また、当たり前のことですが、全ての人は、地球上でどのような職業に携わっていても必ず老化と肉体を維持してきた生命の終了に向かって日々刻々と秒単位で進んでいます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です