育毛と、はげ防止の生体力学的ケアー法

頭蓋骨理論から云うと髪の毛が薄い、少ない人は縫合全体の締め付けが有り僅かな頭蓋骨の動きが止まっている状態です。

主にストレスで、エネルギーCSF過剰で興奮・そう状態になる傾向があります。この人たちの筋骨格は足から背中全体首から前額まで過緊張状態にあり、頭頂部が後ろに牽引され側頭部は横に広がる傾向にあります。

もっともストレスのかかる部位は眉毛の眉間の部位です。特に眉毛が厚く太く短い方は吊り上っており、眉毛が薄く切れ長の方は平坦です。おでこが高く、眉毛が厚く短く太い方は髪の毛は少なく薄くなり、眉毛が薄く長い方は髪の毛は白髪なります。足の裏の土踏まずが厚い方は眉毛が厚く、足裏の土踏まずが薄い方は眉毛が薄いのです。

その理由は眉毛の厚く固いほうは前頭筋の過緊張があり同じ側は前頭・冠状縫合・側頭骨・蝶形骨縫合がきつく閉まり皮膚の下の頭蓋骨内外からの神経・血管の機能が不全になりその部位に滞りが起こり栄養の不足と老廃物の排泄が疎かになりがちです。足の足底腱膜も同じ様に硬くはれています。
厚い眉毛の反対側は各部位が弛緩傾向にあり栄養の供給力と排泄力そのものが低下してしまいます。
また(^。^)の横は足の親指側から足背の筋肉(前脛骨筋)や筋膜の流れの延長であり、首の左右の胸鎖乳突筋は頭の位置のバランスを保つ重要な場所です。この筋肉の筋膜が左右から頭に登り後頭部の上部でループを描いていることは注目すべきことといえます。

ケアー法

  • 足裏の厚い方は揉み解し(2分間)、薄い方は足の片側のつま先を伸ばす。
  • 眉毛の厚い方を片方の手で前額に引出十文字に揺さ振る。(数回)
  • 反対側に眉毛が薄い方は眉毛を額に押し付け頭頂に向かって押しあげる。(数回)
  • 次に前髪(バング)を内側にカールで巻きった状態で深呼吸をし出来るだけ息を長く吐き出します。(数回)
  • 次に前髪を上側後ろに巻きった状態で深呼吸し出来るだけ息を吸った状態で止めます。(数回)
  • 最後は胸鎖乳突筋中央を左右に6秒間引っ張り深呼吸をする。

これにより目元が非常に綺麗になり顔が引き立ちます。髪の毛は時間がかかりますが私の経験では増えた方が沢山います。もし結果が出たらうれしい事です。

本当の美容矯正・小顔メイクとは、体全体が関係していることが理解できたら幸いです。
ずいぶんと文章に恰好を付けたものだと思うのですが・・・・ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です