2月の美容矯正メッセージ

体の動きで顔の形は変化する顔面美容力学

 

月(2月)はいる姿勢で顔が歪むメカニズムについてのお話しです。

このお話に入る前に述べておかなければならないのは、このお話の前提が一般的に知られている解剖学理論うということです。、

頭蓋骨は微小な弾力性のある軟部組織縫合により結合しているため、脳内の圧力や外部の筋骨格組織の力が頭蓋骨に加わることでかに動くことを前提にしています。

生きている正常な人間では、全ての頭蓋骨の縫合関節は一生涯の間、可動性を有しています。

部分的な異常な制限や障害は微小な動きが無くなるだけではなく、頭の輪郭顔面の歪みの原因になります。

頭蓋骨の縫合内には神経や血管や膠原弾性繊維の筋膜が存在して、頭蓋骨のの皮膚からの刺激や脳内の血管系と神経反射メカニズムにより常に受信交信をしています。

そして、これらの縫合部の接続部では頭蓋骨の外の骨膜が骨を接着閉鎖しておらず。

斜めの斜端方向かに動きを許容するスペースが存在します。

この部位では、地震の時に起こる活断層の様に様々な圧力が加わることで、かに斜め移動します。

簡単な例で云うとジグゾ―パズルの接触面が垂直に食い込んでいる場合は移動しませんが、各パズルの面が斜めの形で接触している場合、から力がかかった場合斜めの接触面が僅かににずれてしまいます。

このジグゾーパズルの全体を比較的弾力性のある外枠(筋膜・皮膚)で囲むと、その外枠はパズルの移動により変形してしまいます。

これが、頭蓋骨が動くということの構造上の根拠なっています。

ここで、重要なことは

これらの部位全ての体の筋膜数百枚と繋がっているということです。

したがって、体の姿勢は最終的顔面の位置を変化させることになります。

たとえば、っている姿勢では、引力の関係で頭から足の方向に重力がかかるため、首の頭部の重みがかかります。

また、っているときは、顔面の骨は縫合部の下への伸長より斜め下に移動します。

ている姿勢は、立っている状態とはって頭部の重みはに接している後頭部にかかります。

したがって寝ているときは立っているときとは反対顔面の骨は縫合部圧縮により後ろ上方移動しがります。

専門的には頭部指数と云いますが、頭の縦の長さに対して横の長さの割合をだす数字に違いが生じます。

っているときは、体重を支え保持する筋骨格系の筋膜全体の緊張により前後左右が体の中心求心性)に向かって力が加わりますが、

仰向けに寝いるときは、前側の筋肉や内臓が敷き布団やマットと接触している背中に向かって、移動するため体は遠心性)にがります。

頭蓋骨も同じようににひろがりますが、特におでこの骨(前頭骨)が上あごの骨(上顎骨)かられようとするため鼻筋の付け根(鼻根点)に段差が出てきてしまいます。

また後頭部の骨(後頭骨)の方向に近づくため横の骨の側頭骨鱗状縫合と云う縫合構造の特徴の関係で頭頂骨帽状腱膜の弛緩により更にに広がてしまいます。

つまりているときは四角顔に近づくことになります。

に対して頭がまっすぐの状態で寝ている場合いにはバランスが保たれますが、

頭をに対して傾け寝ている場合いは、枕に密着している側は、頭蓋骨の縫合は締め付けられ筋膜は圧縮固定されます。

この関係で反対側では呼吸と脳内圧のバランスする働きの代償作用縫合開き筋膜てしまいます。

下側になっている側の頭蓋冠は固定されるため、顔面骨の眼窩縮小し習慣化すると目が小さく見える様になってしまいます。

反対側では目が大きくなり頭蓋冠の縫合が拡張されるため眼窩広がりっぱなしになります。

この状態でからだを丸めて両足を抱え込ようにると、腹筋の筋膜の緊張が増して胸の胸郭や首の筋膜が側頭部の骨(側頭骨)と続いているため後頭部から顔を前に付きだすように働き、結果的に眼窩を縮小してしまい目を小さく見れるように働きます。

また、どちらか片方の足を曲げて寝曲げた側くなります。

同時に上の手を置いている握って腰に置いて寝るとはやはりさくなります

この状態で開いて寝ると大きくなります。

また、肘付くように引いて、下側の手で手枕を作った状態で寝ると同じ側の大きくなってしまい、

肘をげて手枕を作ると小さくなります。

鼻と頬の部位では部の表情筋下側へ移動するため鼻唇溝は深くなり法令線が深くなってしまいさらになります。

顔面の鼻骨上あごを構成している上顎骨は下になっている側に移動し、更に同じ下側頬骨は前に突き出てしまい更に斜め横広がります。

に頻繁に起こる重要な歪みは

アゴの骨(下顎骨)の下側への移動です。

アゴの骨(下顎骨)の先端オトガイ)も同じ側に移動して顎関節下顎)の部分は外に移動し張り出しまい頬全体がに移動(下顎枝の前方外側移動)しアゴの筋肉を包む筋膜の張や咀嚼筋の筋力にアンバランスが生じます。

口を開寝ている場合は、にひどく歪むため、起きた時には下になっていた側鼻からアゴが曲がっており、口の開け閉めが上手くゆきません。

更に、上あごの骨に対して下あごがずれてしまうことで、上唇と下唇が互い違いにずれてしまい唇の形の対称性が崩れてしまいます。

これらの歪みは全ている体の姿勢状態が途切れなく全身に続く筋膜の連続性が関係しています。

脳と体の神経系が信号や情報を伝達するスピード時速10~270キロメートルですが、

姿勢の変化による筋膜網の骨や筋との縮む力(圧縮力)や伸びる力(伸張力)の情報伝達するスピードは時速1100キロメートルと云われています。

筋膜系は神経系より3倍の速さで顔と体の変化や姿勢コントロールをしていることになります。

また、筋膜の特徴は筋肉とは違い一度長期的に一定の力を同じ方向に加えると戻りずらい筋膜の可塑性特徴が有ります。

このことから云えることは

顔の歪みは、寝ている時の長期的な睡眠時間の姿勢習慣原因の一つになっていると云うことになっているという結論になります。 . .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です