8月の美容矯正メッセージ

月の影響を受ける臓器は腸と臓です。
特にこの期の肝臓の門循環の圧は遠位結腸の側副循環を通る路に機能低が起こり女性の合月経周期常(生理周期がくなる)やエストゲン調節異常(肌質の劣化)が起こります。

また、男性の場合はの重力牽周期による28日周期のカルシウム変動のリズムが乱れ3日間のカルウム欠乏により経過敏状態になります。
この部位の損は便秘や痢を繰り返すことになり、脳の核への結腸流動内容物の報伝達にれが生じ、消化全体の調整中枢である右頭頂葉中部への情報伝がうまくゆかなくなります。

さらにこの部位の異常は鎖乳突筋の肝臓射点を過剰に刺激してしまいその辺の垂体機能をモニターしている部位にも異常が発生してしまいます。

その結果、右で下垂体葉と葉の機能下、左で機能進を起こしてしまうだけではなく、それらのホルモン分泌常は上皮体の機能のトラブルの原因になります。

また臓の機能低下は一般的に知られている肩甲骨や右季肋部位だけではなく、上腕二筋の力こぶしを作ったときの筋腹のみとしてあらわれます。
さらに、要なことは肝臓の機能低下は骨盤の支持織に問題が生じ性では子宮広間膜と子宮円索の緊張力下が起こり子宮斜と膀胱害、男性では睾丸筋の衰が起こり、前立腺異常害の下地を作ることになります。

多くの不症の原因の一つにこのことが深く係しているといえます。

また結腸の異常は骨盤反メカニズムによる右頚部の斜角靭帯及び肩甲挙筋の機能である細のリボ酸の性状の検能力を下させ皮腫、新生の成長を促進してしまいます。

容障害における化の原因はらかにこの部位の異と深い関係があります。

美容面での老化は、この部位が影響し、全ての下垂体ホルモンを支配している、第三脳室の側壁と連絡している腸靭帯および右腓腹筋下部の衰から始まり、
月の重力牽引周期を同定する体生物時の乱れや脳質での体全体ののタンパク質調整機能低下にまで進んでしまい。

その最終果として早期老化こり、進んでゆくわけです。

月、10月の肌質害や美容障害に於ける早期老化はこの月に関係する器のきに大きく左右されるのかも知れません。

またこの部での感情障害は混乱・反抗的マイナス思考に陥る向があるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です